長持ちのためのメンテナンス~屋上防水で重要なこと~

屋上のメンテナンスは建物の価値を保ちます 屋上のメンテナンスは建物の価値を保ちます

メンテナンスをしないとどうなるか

屋上防水の施工を長持ちさせるために、メンテナンスは必須です。では、もしメンテナンスを怠った場合どうなるか、今回はそのリスクについて紹介していきます。メンテナンスをしなかった場合、以下のような症状が発生します。

屋上防水はどんどん劣化してくる

押さえコンクリートが膨張します(30代/男性 防水工事業者)

押さえコンクリート(防水層の膨れ防止や屋上で人が歩きやすいように施工するためのコンクリート施工のこと)は、耐水性は高いのですが熱によって膨張したり、収縮したりといった変化が発生します。そういった変化を抑えるために目地を設けるのですが、その目地が押さえコンクリートの変化に伴い機能が低下してしまいます。その結果、下にある防水層が故障するリスクが発生してしまうのです。

排水ドレンが劣化していきます(30代/男性 防水工事業者)

屋上は屋根とは違い雨水が溜まりやすいので、排水するためのドレン(排水管)があります。しかし、排水ドレン周囲の防水層が劣化してひび割れが発生すると、そこから雨水が侵入し、雨漏りが発生しやすくなります。更に、防水層の膨れを誘発する危険性もあるのです。

日頃のケアで劣化を防ぐ

こういった劣化は定期的なメンテナンスに加え、日頃のケアが重要になります。例えば、排水ドレンにゴミや砂が溜まっている状態なら、速やかに除去して綺麗にしたり、毎日屋上を見回ってひび割れがないか軽くチェックをしたりすれば、不具合が起きた場合にすぐに対処できます。それに加え、五年ごとに業者に点検とメンテナンスの依頼をすると屋上防水の効果は耐久年数が減ること無くしっかりと長持ちしてくれます。

TOPボタン