屋上防水の基礎知識~施工方法によってどれほど長持ちするか~

屋上のメンテナンスは建物の価値を保ちます 屋上のメンテナンスは建物の価値を保ちます

長持ちさせるにはこの施工法がおすすめ

屋上防水のための施工方法について軽く紹介しましたが、ここではそれをもう少し深く掘り下げて紹介していきます。防水加工の方法は、どれも基本的に10年以上効果が持続し、長持ちしますが、種類によって特徴が若干異なります。

防水工事には耐久年数というものがある

マンション

前述したように防水工事による防水加工の効果は10年以上持続します。しかし、工事を行なった場所や工事内容、そして天気や周辺の環境といった要素により、耐久年数に変化が生じます。そのため、10年以上保つから10年間放置しても良いというわけではなく、定期的に状態を確認し、メンテナンスを行なう必要があるのです。

施工法ごとに違う耐久年数

ウレタン防水
ウレタンとは、いわゆるゴムに分類されるものです。摩耗性に優れているのが特徴ですが耐熱性や耐水性が若干弱く、熱や水によって徐々に劣化してしまいます。しかし、それでも耐久年数は10年以上と長持ちし、定期的なメンテナンスによって更に寿命を延ばすことができます。
FRP防水
強化繊維プラスチックは、強度・耐水・耐候性に優れた素材なのですが、経年劣化によって小さな穴からクラック(ひび割れ)が入りやすくなり、そこから雨水が侵入しやすくなります。このクラックは外部からのチェックでは判別しにくいため、業者による定期的なチェックが必要になります。
アスファルト防水
アスファルトによる防水施工は、最も長持ちする施工方法です。その耐久年数はおよそ20年であり、ウレタン防水のおよそ2倍です。しかし、定期的なチェックとメンテナンスを怠ると雨漏りが発生しやすくなるので気をつけましょう。

長持ちさせたいならアスファルト防水がおすすめ

長持ちという観点で見るのならば、アスファルト防水は最もおすすめできます。大昔から用いられている工法なのでノウハウが蓄積されており、信頼性が高いことや、アスファルト自体の防水性が高いなど利点がたくさんあります。しかし、その分施工費が高くなるため、業者とよく相談し考えて依頼しましょう。

TOPボタン